« ごめん。 | トップページ | ひさびさの忘却 »

How to 交易(もどき)

昨日松山から日帰りで帰ってきました。
道後温泉にも行ってきたけど、お風呂上がりにフルーツ牛乳飲んでたら父に「おっさん」呼ばわりされちゃって。
Atlantica_20090714_023947088
でも腰に手を当てて飲んだりはしてないって。ssは無関係だけど。


さて。金曜に予告した通り交易の記事を書こうと思います。
その前に「交易って何よ?」っていう人のために。

「村」メニューを開いてもらうと、
Koeki
こういうのが出てきます。
これはバグダッドのですが、街によってはボタンの並び方が違うもの、ないボタンがあるものもあります。
この中に「交易所」というボタンがあるのでそれをクリック。すると、
Koeki4_2
こういうウィンドウが出ます。これはハノイの交易所の内容ですね。

ここで販売されている商品は「特産品」という特殊なアイテムで、そのままでは使うことはできませんが、特定の町で売り買いすることにより、稼ぐことができるというものです。
株や外貨の取引といえばわかりやすいかな。よくわからんけど。


今回はこの中の「サトウキビ」を売買してみようと思います。が、その前に。
Atlantica_20090719_010248276
市場で「交易許可書」を販売しているので、それを購入して使用します。
この交易許可書は固定価格1Mで売ってますが、たまにちょっと安く売ってることもあります。
宝の地図か何かからも出るのかもしれないけど、その辺はよくシラネ。

この交易許可書は主人公のレベル96から使用可能、有効時間は20時間で、その間に100回の売買ができます。
ここで注意してほしいのは、
「売り・買いがそれぞれ100回ずつできる」ではなく、
「売り・買い合計100回できる」んです。
なので、次回まで特産品を持ち越したくない場合は「50個買って50個売る」パターンになります。

交易許可書を買ったら使用しますが、傭兵のインベに入れたままの状態で使うと、
「主人公キャラのみ使用することができます」と警告が出ます。
なので、主人公のインベに移して右クリ。
こうすると交易許可書のアイコンが出て、交易できるようになります。


さて、いよいよ特産品を仕入れますが、ここでもう一つ注意。
特産品には「生産地」というものがあり、その都市で毎日少しずつ増えて=作られています。
たとえばサトウキビなら、
Koeki5
バグダッドとカイロが生産地。
なので、この2つの都市のどちらかで買えばいいわけです。
どちらの都市で買ってもいいんですが、今回はバグダッドで購入。

Koeki2
というわけでバグダッドにきました。サトウキビがありますね。

それぞれの都市では合計10種類の特産品を取り扱っていますが、リストにのっているもののうち、前2種類がその都市で生産している特産品。
後ろ8種類はその都市で売ることができる特産品です。
どれを使って交易してもいいのですが、できれば売買したい特産品の生産地で購入し、それ以外の都市で売るようにした方が、儲けを出せる確率が高くなります。

サトウキビを買っていると、購入価格がだんだん上がっていくのがわかると思います。
在庫が減るにつれて値上がりしてるといえばわかりやすいかな。
比較的小さい上がり幅なのでスルーしておk。


サトウキビを買ったら、これをどこかで売ります。が、ここでも1つ注意。
先ほど「その都市で売ることのできる特産品」と言いましたが、当然その都市で「売れない」特産品もあります。
それぞれの特産品は10の決まった都市で販売できるようになっており、それ以外の都市で売ろうとすると売値0Gになります。
どこで売ることができるのかはウィキにも書いてあるのですが、あらかじめ特産品を売りたい都市を決めておき、そこで売れる特産品から売買したい特産品を決めてもいいかも。

今回はハノイで売ってみます。
ハノイの交易所メニューをひらいて、インベの中のサトウキビをクリック。
Koeki3
すると、メニューの下部にこういう表示がでてきます。
あとは下の「特産品販売」というボタンをクリックして特産品を売ればいいだけ。
仕入れ時と同じく、販売価格がだんだん下がっていきますが、これもスルーしておkです。


ところで先ほど、ハノイの交易所のメニューで、
Koeki4_3
サトウキビの購入価格がこういう風に表示されていましたね。
ところが、販売価格はこれよりもずっと安くなっています。
これはたぶん、「ハノイはサトウキビを売ることができる都市なので一応サトウキビの在庫はあるけど、生産地よりも高くつくよー」と言いたいのではないかと思っています。



この交易1回でだいたい10Mくらいは稼げますが、実際には売買の際に税金が少々かかるので、交易する街によって増減するかもしれません。
さらに、2種類ある生産地、10種類ある販売地によっても在庫数が違ってきます。
基本的に在庫の多いところほど安い値段で、在庫の少ないところほど高い値段で取引できます。
したがってより多く稼ぎたいなら、より多くの在庫がある都市で仕入れ、より在庫の少ない都市で売るようにするといいかもしれないです。


…と、これが交易の基本的な流れ。
もうちょっと発展形があるかもしれないので、その辺は調べてみます。

|

« ごめん。 | トップページ | ひさびさの忘却 »

アトランティカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: How to 交易(もどき):

« ごめん。 | トップページ | ひさびさの忘却 »